マイナック製品・事業紹介

受注生産の高級衣服は、毎回仕立てが異なり複雑な始末もあるため、人の手でしかできない作業が多くあります。デザイナーのおこすイメージを形にする「人の手による高い技術」がマイナックの特徴です。また、効率よく美しく製造するために、必要な部分では様々な機械を導入しています。中には性能にこだわり特注した機械も。専門の機械を使いこなすのもまた人の技術。多くの経験と職人たちの努力により培われた技術が私たちの誇りです。



メーカーから発注を受けます。デザイン、使う生地、納期などが伝えられ、
スケジュール調整やデザインの確認などが始ります。
だいたい1シーズン先の発注が多いです。
工程管理をし、いかによい製品を納期通り納めるかが重要な課題となります。

アイロンがかかった状態にして素材の収縮を一定にし、
寸法のバラツキが起こらない様にする工程です。
ハイグラル・エックスパンション(寸法変化率)を極力抑え、
素材の縫製後の変化が起こりにくい様に、前処理をする機械です。

生地の目を通す作業「スポンジング」。生地を伸ばして蒸気を当てながら振動させ、経糸と横糸が均等になるよう織り目を整えます。仕上がりにこだわったマイナック特注の機械を使っています。

スポンジングで地の目を通した生地を、裁断するために適切な長さに延反して切り分けます。




生地を1ミリの狂いもなくパターン通りに裁断します。

パターンを調整するPCと連動しており、自動で裁断を行います。布をセットしたり稼動をさせるのは人が行い、
正しく裁断されているか、確認をしていきます。




裁断された生地にもうひと処理。袖口や襟など細かなパーツには接着芯とよばれる丈夫な布を貼ります。これにより補強され歪まないで美しく寸法通り仕上がり、衣服が長持ちします。

素材が、芯地を貼ることで縮んだり、高熱によって縮んだりするので、荒裁ちをします。ピッタリ裁断を行い、パターン通りのカットピースが供給できます。

裁断したパーツに芯をのせて機械に入れます。
熱いローラーの間を通ることで芯の糊が溶けしっかりと布に貼りつきます。



大ロットの製品は工程ごとに加工がされ上流から下流へ流れていきます。それぞれの職人の経験に応じて担当をしています。ひととおり同じ製品をつくります。
スケジュール通りの進行を守るため、一人一人の集中力と正確さが求められます。ライン単位でひとつの製品を作りきったら、次の製品にとりかかります。製品により加工も異なるので、製品の切り替えの際は特に気を遣っています。


大ロット生産ラインとは別にサンプルラインがあります。
試作品やオーダー物を専門のオペレーターが一貫縫製するラインです。
(1人屋台方式)


ドルチェミシン。糸を巻くような飾り縫いができます。

ハンドステッチミシン。手縫いのような縫い目が特徴。

カラークロスミシン。布をつなぎ合わせるような加工ができるミシン。

ピコミシン。穴があいたレースのような加工ができるミシンです。

ボタンつけや手まつりなど、ミシンが入らない工程の細かな仕上げを施します。

形を整え、針が残っていないかなどの安全の最終チェックを終えたら、百貨店やお店に納品します。

マイナック採用

株式会社 マイナック

長野県飯田市松尾水城1641-1

050-3385-1999

Copyright (C) 2017 Mynac All Rights Reserved.
このホームページに掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。